読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

その”香り”の正体は・・・?!

 

最近、私の中で色んな変化が多くて

それに身体が付いて行かない事もしばしば…

 

自分である事を忘れない様に、気は確かに!

をモットーにするんだけれど

やっぱり時々『おやおや?』と思う事もあるから

月に一度ぐらいは人の手を借りて

自分のメンテナンスをして貰っています。

 

ずっとお世話になっているセラピストさんなんだけど

いつも帰ってから

『あ!聞くの忘れてたuu;』と思い出すのが

”サロンで使っているアロマ”の事…。

 

たまに、通りすがりのお宅から”その香り”がするので

『あ!このお宅でも”あのアロマ”を使ってはるんかも?!』

と思うも、何の香りか分からないこと数年。

 

やっと聞くことを忘れずにいれたので

『ずっと聞こうと思ってたんですけど…

サロンで使ってはるアロマ?というか

セッションの途中あたりから香る”あれ”は何ですか?』

って聞いてみました。

 

そしたら

『アロマ?使ってないよ^^』って・・・

 

えーーーーーーっ!!!

何も使ってないですってっ???

思わず部屋中見回したり

ポケットに隠し持っているんじゃないかとか疑ってみたり

しばらく挙動不審でした(笑)

 

 

 

・・・その正体は・・・

 

私の魂の香りだったのです。

 

 

セッションの始めのうちは言うなれば

俗世間にもまれて”戦いから戻った戦士”状態

だから色々なものに混ざってる感じ。

それがだんだんとクレンジングされて

ピュアな私の魂状態になった頃に

私の脳が”あの香り”を認識していたのでした。

 

とっても懐かしいし、

言いようもないぐらい凄く良い香りがするんです。

 

体臭じゃないですよ^^;

だからといってフローラル系とか柑橘系とかでもなく

決して爽やかとは言えない感じですけど。

 

手にポマンダーでも付けながらセッションしてくれているんじゃないか?

と思うほどクリアに、毎回同じ香りだったから

サロンの香りと思っていたんだけど。

後付けでは無いから、帰る頃にはもうその香りも薄れていて

だから日常生活でも思い出す事はあまり無いんですよね。

 

実際に鼻から匂いを嗅いだ訳ではないので

この場合は魂の記憶が脳に伝達されて

鼻で嗅いだ気がしただけ!という

面白い現象だったんですね。

 

やっと、今までの謎が解けると共に

新しい何かが開いた瞬間でした。

 

 

ふとした瞬間に、ふわりと感じる心地よさ。

香りを伝えるのは難しいけれど

自分にしか分からない記憶は冥土の土産にでもしようかな♪